ルイボスティー

ルイボスティーにはどんな効果があるのでしょうか

美容や健康に良いとして人気となっているルイボスティーですが、ルイボスとは?と思う方も多いと思います。 ルイボスとは、マメ亜科アスパラトゥス属の植物で、南アフリカ共和国の西ケープ州のケープタウンにあるセダルバーグ山脈にだけ生息する植物です。針葉樹様の葉を持ち、落葉するときには葉は赤褐色になります。年間降雨量が少なく、朝晩の気温差が30度以上あり乾燥している過酷な環境のためルイボスは地下10mまで根を伸ばして土の中のミネラルや水分を取り入れます。 このためナトリウムやカリウム、カルシウムなどのミネラルが豊富です。フラボノイドなどのポリフェノールも含まれて居るため様々な健康や美容効果を期待することができます。 具体的な効果効能としては、ポリフェノールによる抗酸化作用によって活性酸素の除去することでアンチエイジング効果によって肌のシミやたるみの予防や改善、がんなどの予防やミネラルによる夏場の熱中症や夏バテを予防します。ルイボスにはたんぱく質も含まれているためミネラルと合わせて肝臓機能を高める作用は二日酔いの防止、アレルギー症状の緩和などにも良いとされています。 腸内環境を正常化する作用もあることから、腸内の動きを活発化する効果があることから結果的に悪玉菌が排出されて毒素が排出されるデトックス効果も求められています。

 

サイトマップ